ライムとゆずのきまぐれ日記♪

ミニチュアダックスのライムとトイプードルのゆずと暮らしています。 遊びに行った日記や手作りの日記など気が向いたときに書いています。

今日、動物病院から電話がありゆずの組織検査の結果を聞きました。
結果は”浸潤性脂肪腫”とのこと。
良性か悪性かというと良性の部類なのですが浸潤して増殖するのでちょっと厄介なものだそうです。
同じところにまたできる可能性が高いとのこと。
今のところどうこうはないけど今後も注意が必要なようです。

ネット情報より
浸潤性脂肪腫は良性腫瘍だが増殖の仕方に特徴がある。
周囲にしみこみながら浸潤増殖するため通常の脂肪腫の摘出方法ではとりきれない。
例えば四肢に発生して充分とりきれないと判断される場合足の切断や術後の放射能療法まで視野に入れないといけない。
良性腫瘍だが治療法としては悪性腫瘍としての対処が必要です。
最初の手術で取り切れなければ再発して根治が難しい可能性がある。
局所侵襲性が強く安楽死になることもある。

ネットで色々検索して知識を入れていたのですがまさかこれだったとは
出来た場所が場所なだけに普通の脂肪腫は最初から除外されていたのですがやはり一刻も早く除去が必要な物でした。
手術後のお迎えでは看護師さん?からポコッと取れたとは聞いたのですが安心はしていられないようです。
最初は筋肉の間にできた筋間脂肪腫かとも思ったのですが・・・
注射器でできる細胞検査を先生が勧めなかったのはこれの可能性があるからつつきたくなかったんだろうな。
ゆずの細胞検査をしない、一刻も早く切除したほうがいいというS先生の考えはやはり正しかったんだと結果を見て感じました。
ライムの前に飼っていたワンコの時も先生の診断はいつも正しかった。
先代ワンコから長年診てもらっているせいか?リスクの説明とか一切ないんですけどね

結果を聞いてホッとできなくなった私、またトリマーさんに話を聞いて貰わなくちゃ落ち着かない
トリマーさんは昔動物病院に勤めていたので色々相談しやすいのです。
そしてとっても優しいお姉さん(私より若いけど)なのだ


夜に追記

水曜の夜からゆずのお腹と内股に15個程湿疹が出ていました。
木曜朝に病院へ連れて行こうかと思ったけどちょっと赤みが引いていたので様子見することに。
今日の夕方6時過ぎに診たところまた赤くなって湿疹が出ていたので病院へ連れて行く事にしました。
病院のHPを見たら先生のシフト表が来月に替わっていた・・・
仕方ないので病院へ行き今日の先生を聞いたら嫌いなK先生がいる日だった。
今日の2時半頃にS先生からゆずの組織検査の結果の電話を頂いたので診察日かと思ったら違っていた
受付でK以外でと伝えると今後もであれば登録しましょうか?と。
普段はS先生の日にくるから必要ないかとも思ったけど一応登録してもらうことにしました。
昔ライムの湿疹でKに当たった時にまったく湿疹を診ずに過去のカルテと同じ薬を出しただけのヤブです。
私が湿疹を診て下さいと言ってもライムを触りもしなかったやつです。
受付で湿疹で来てると伝えているんだから苦手な分野なら診察室に入ってこなければいのにとブチ切れてS先生に愚痴を言ったことがあります。
ベテランなはずだから厄介だ。
ちなみにゆずの兄弟の輝君のママも偶然なのですがこのKを嫌っていて除外してもらっているそうです。

今日は週末の夜というのに待ち人数1人。
すぐに呼ばれて一度ライムかゆずを診てもらったことのある先生が入ってこられました。
部屋に入ってこられてすぐにゆずの組織検査の結果の話をされました。
この先生、私の性格を知らないもんだから話す話す・・・
浸潤性脂肪腫は良性ですがちょっと厄介なんです。
普通の脂肪腫ならポコッと取れて終わりなのですが浸潤性なので組織に入り込んで再発することがあります。
再発すると神経や血管を巻き込んで腫瘍ができるので再発すれば筋肉をごそっと切除するか、
肩甲骨の骨の一部からごそっと切除するか、肩から右前足を全部切除することになりますと
そうなんです、ネットで見た情報を現実的に話してくれます・・・
再発しないことを祈るだけですねと。
過去に1ワンコだけ浸潤性脂肪腫を診たことがあるそうでゆずと同じトイプーだったそうです。
そのコは5年間に5回再発し切除手術をしたそうです。
ゆずさん、これから一生爆弾を抱えて過ごさないといけません。
悪性ではないから今すぐ命どうこうはないけど神経を巻き込むと痛みも出るのでこれからもゆずの変化を見逃さない様気を付けようと思います。
で、問題の湿疹を診てもらったところ膿皮症かな?ということでゆずが痒がっていないのでひとまず1週間薬を飲ませることにしました。
膿皮症でなければアトピーかアレルギーか。
はい、ライムと同じように迷走しそうな予感です。
また続くようであれば今度はS先生に診てもらうことにします。

今日の診察代

再診        500円
視診        100円
薬2種類2週間1400円

合計  2000円

スポンサーサイト
昨日はライムの2週間ごとの通院日&ゆずの抜糸日ということで自転車で2ワンと病院へ行ってきました
久しぶりに2ワンで行きましたがやっぱり2匹で自転車は辛い。
ゆずさんは前かごのキャリーバッグで巾着閉めて入れてるのですが閉じ込められるのが嫌いなゆずさん、暴れるし・・・
いつもは25分で着くところ35分かかりました
もう2ワン一緒で自転車はやめることにします。

受付でS先生を指名したところ指名が多くて時間かかりますと言われ待合で待つことに。
ライムは足元でフセして体ブルブル震わせながらいつも待っているのですがゆずさん、ガウガウなので膝の上に乗せワンコが前を通るたびに
顔を横に向けワンコを見ないようにさせるのが大変
右も左もワンコいるからどこ見てもガウガウ対象がいるので・・・
でも先に他のワンコがガウガウ言うとゆずさんは言わないのでガウガウ言うワンコがいると一安心です。

しばらくたって診察室に呼ばれ入ると看護師さん登場。
最近ほとんど看護師さんなしでそのまま先生登場が多いのですがこの違いはなんだろう?
看護師さんが体重を量ってくれるとライムさん、5,14キロに増量してました。
春に4,64キロで増やして下さいと先生に何度も言われ少しずつフードを増やしてたのですが2週間前もほとんど増えてなかったので
おやつを増やしたらあっと言う間に増えてしまったよ
5キロジャストにしたいのに難しいな。

ゆずさんは5.46キロでベスト体重維持していました。
そしてゆずさんの抜糸は看護師さんがしてくれるようでハサミでチョンチョンと切ってもらい軟膏を塗ってもらいました。
傷口も綺麗にくっついていますよと言われ一安心です。
その後先生が入ってこられライムの膀胱のエコーをしてもらいました。
変化なく問題ないとのこと。
アポキルを続けるかどうしましょう?と聞かれ最近ライムのシャンプー回数を減らしたのでひとまず続けることにしますと伝えました。
心臓の音も聞いてもらい問題なさそうだったので今回は1か月分の薬を出してもらいました。
暑くて2週間ごのと通院大変だったから良かった
次にゆずさんの組織検査の結果と思ったらまだ結果が届いてないそうで届き次第電話しますと言われました。
ちなみにゆずさんの腫瘍は肩の筋肉の下にあったそうです。
良性でありますように

ライムの診察代

心臓の薬とアポキルを30日分   8550円
再診(予約)                400円
聴診                    100円

合計                   9050円


ゆずの診察代

再診(予約)                400円
抜糸                     800円

合計                    1200円

抜糸800円取られるんだ・・・自分でも出来たよな・・・なんて思ってしまいました

2ワン共何もなければ次は8月終わりか9月に入ってから病院へ行こうと思います。


昨日はゆずの手術日でした。
朝から水とフードは禁止ということで暑いのに水が飲めないのは可哀想って思って朝の9時過ぎに病院へ連れて行く事にしました。
手術は昼からなので長時間病院にいるとそれはそれでストレスだと思ったんですが父に車を出してもらう関係もあり朝一にしました。
駐車場に着くといつもよりかなり車が多い
手術日だからみなさん朝から預けに来てるって感じでした。
受付で同意書等を提出し診察室で看護師さんが問診表にそってもう一度体調の確認。
全身麻酔するのでもし時間が大丈夫なら歯石取りもお願いすることにしました。
もちろん手術が長引くようなことがありゆずの体に負担になるなら歯石取りは必要ないと伝えました。
手術の内容次第で日帰りか入院か分からないと聞いていたのでもし入院だったらといつも使っている薄手のマットを持って行ったのですが
沢山の手術するワンコが居て無くしてしまう可能性があるので預かれないと言われてしまいました。
そして入院だったら連絡があるんですか?と確認したところ入院でも日帰りでも連絡しますと看護師さんに言われゆずさんを預けて帰りました。
そこからが私にとってとても長い1日でした。
3時過ぎてもう手術してるのかな?と思ったり・・・
4時過ぎてもう終わったかな?と思ったり・・・
5時過ぎてそろそろ日帰りか入院か電話が入るなと思ったり・・・
で、5時55分、一度も電話がなく6時から7時がお迎えの時間なのでおかしいやろ!と思いながら電話をかけました。
受付の人に”日帰りか入院か電話しますって言われ待ってたのにもう6時なんですけどどうなっているんですか?”と尋ねると確認してきますと保留3分少々・・・
”今連絡しようとしてたようです。日帰りで大丈夫なので7時までにお迎えに来ていただけますか?”と言われました。
すっかり連絡することを忘れてたやろって思いながら父に車を出してもらい病院へ。
ワンコと会う前にまずは会計を済ませるようで呼ばれるまで待合で待つこと30分程。
明細を見て歯石取りをしたことを確認、手術は順調だったようだと一安心。
そして先生から事前に聞いていた大まかな金額より2万4千円安かったのであれ?歯石取り1万円入ってだからおかしいなと思ったところ
CTの代金が請求されていないことが分かり受付の人に確認。
そこから先生に確認するまでまた数分待たされ請求漏れだったと言われ追加で代金を払いました。
そしてここからまた待つこと30分以上
私の前の番号の人が帰ってから10分以上待ってやっと呼ばれました・・・
見たことのない女医さんがゆずを連れてきて下さりゆずさん、元気いっぱいのお顔で一安心
去勢手術の時はグッタリしていたので気がかりだったのですが傷口も思ってたより小さく診察台に立って私の顔をなめてくれました。
取った腫瘍は組織検査に出してもらったので約2週間後に結果が分かります。
綺麗に取れたらしいのでひとまず安心しました。
抜糸は10日から2週間後にということだったのでライムの診察が25日なのでゆずも一緒に連れて行くことにします。
1週間は抗菌剤を飲ませ、家に帰ってからは水を少し飲ませしばらくして吐かなかったら少しフードをあげて下さいと言われ帰宅しました。
ゆずさん、家に帰って一番にしたことはフードボールの前で待機
でもまずは水でしょうと水を口元に近づけるもののまったく飲まずフードくれと。
仕方ないので指に水を付けたのを口元に持って行き少し口を湿らせてからフードをあげました。
しっかり食べていたのでホッとしました。
ご飯を食べた後に水を飲んで休んでるのを見るといつものゆずと変わりない感じでした。
傷口からは血が滲み出てるんですけどね
数回後ろ足で傷口をカキカキしようとしてやめさせましたが痛くて歩けないとかもなく傷口が気になるとかもないようでした。
今朝のゆずさんはもう元気いっぱいの普段のゆずです。
昼過ぎに近所の人にゆずの手術終わったよとゆずと一緒に顔を見せに行った時は散歩だと勘違いしすごいハイテンションだったし。
夕方、普通にお散歩に行けそうですね


腫瘤切除手術&歯石取り費用
・抗菌剤の飲み薬  910円
・再診          500円
・血球計算       600円 
・歯石除去     10000円←標準価格。歯石少な目の場合は8000円、多めは12000円だったかな?
・手術料       35000円
・組織検査     12290円
・注射         1700円←オプションで付けた痛みを和らげる注射
・CT検査      25000円

合計86000円のお支払いでした。




最近結構な頻度で病院へ行ってるな・・・
今日も朝から暑い中、ライムと自転車で病院へ行ってきました
アポキルを飲んでからというものライムの湿疹は劇的に改善されました
今回はこのまま薬を飲み続けるか一旦やめるかの判断だったのですが耳が赤いのと、この季節湿疹が出やすいのでひとまず続ける事に。
で、前回の診察の前に看護師さん?に”咳とかしませんか?”と聞かれたのですがライムのゴホゴホって聞いたことないから
”ありません”と答えたものの家に帰ってネットで調べると”ガハッ”ってのが咳だと知り汗タラ~リ
以前からガハッってたまにしてたけど最近よくするようになってて歳だからかと思っていたのです。
そして4月頃からお腹を見ようと仰向けにすると2回に1回は舌が紫色になりガハッガハッってするんだな・・・
あとはシャンプーすると必ずへたり込むようになったんだな・・・
まずは先生にライムが最近ガハッてよくするんですと伝え心音を聞いてもらいました。
聞いてもらったところ”今のところ雑音はみられませんね”と言われ一安心。
次に仰向けにすると舌が紫になりガハッてするんですと伝えたところ普通はチアノーゼにはならないのでレントゲンを撮りましょうと
レントゲンを撮ったところそこそこ心臓が肥大しているそうです
ガハッて咳はほぼ毎日で1日数回しています。
ただ咳だとは思ってなかったのでかなり長い間放置していたことになるんだな・・・
今のところ日常生活に問題ないけど酷くなると咳が続き辛くなると思うので飲み薬を飲ませると進行を抑えたり遅らせたりできますよと。
今より肥大すると肺や内臓を圧迫して辛くなるそうです。
まだ雑音はないけど薬を飲ませることにしました。
散歩は目があまり見えなくなってからほとんど行きたがらなくなりました。
でも家の中でのボール遊びは今でもやる気満々。
ただボールが探せなくなってきたけど・・・
ライムは2週間後にまた通院です。予約入れておこう、暑いけど行かなきゃね・・・

それともう一つ、木曜に手術予定のゆずさんの事でもう一度先生のお考えをお聞きしました。
ゆずのしこりは手で確認できるのはゴルフボールを半分に切ったような状態です。
数日で少し大きくなったような気がします。←ここ私のすごく気になるところ。
先生は”もし良性でも腫瘍はいつかは大きくなってくる。あのコのしこりは関節部分なので足を動かすのに支障が出るのでそうなる前に取った方がいいと思う”と。
私はその時点でやはり切除してもらったほうがいいと判断しました。
そしてなぜ細胞検査をしないのか聞いたらゆずのしこりは固いから注射器では取れない可能性があるとのこと。
柔らかいしこりなら細胞検査をしていたそうです。
心配性の私なので先生は”もし細胞検査やエコーしてからでないと納得できないとおっしゃるならそのようにしますよ。”とも言って下さいました。
ちなみに細胞検査よりも手術して切除した大きなのを検査に出す方が正確だそうです。
私自身、ライムの前のワンコの時からこの先生にずっと診てもらって疑問に思った事は聞いてこの先生の言う事は信用できると思ってきました。
この先生がいるから私は今の病院にワンコを連れて行っている、この先生がもし辞められたらこの病院には連れてこないし。
私がネットで抗がん剤して小さくしてから切除するって病院があったけどと言うと
”自分の経験上人と違って犬は抗がん剤はあまり効果が見られない。もし悪性腫瘍だとして抗がん剤を使うなら切除してから抗がん剤をする。”と。
そしてもし手術前のCTで他に腫瘍があったらどうなるんですか?と聞いたら
”複数あったら一度に全部切除するのは体力的に難しいところで、ひとまずどうしますか?と確認の電話をします。
判断に迷われると思うのでこのようにされるのがいいかと思うとも言いますが”と言われました。
ゆずさんの事が大事なので先生のおっしゃるようにもし良性でも切除したほうがいいと思い手術することに決めました。
木曜の朝9時過ぎに病院に連れて行き昼以降に手術です。
何頭かいるので何時からかは聞いていません。
そしてしこりの状態、手術の状況から日帰りか泊まりか夕方に電話が入ります。
日帰りなら6時から7時の間に迎えに行く事になります。
無事、綺麗に腫瘍が切除できますように


先週、ふとゆずの肩甲骨辺りが少し腫れているような・・・
気のせいだといいけど不安なのでひとまず病院へ連れていった。
先生の指名できない時間だったので若い先生に当たりレントゲンを撮りひとまず様子見と言うことで帰ってきた。
11日ライムの診察でS先生に診てもらう時にゆずも連れて行こうと思っていました。
あれからゆずのしこりを触ってみたりネットで色々腫瘍について調べていると不安ばかりが増す毎日
不安な私はゆずの状況をラブははさんにメールしてゆずと月曜にお邪魔してきました。
色々話を聞いてもらって少し気が楽になったし何よりゆずがとても嬉しそうだった
でもしこりを触ってみるとなんかこの間より腫れているような気がしてならない私・・・
散歩でたまに出会うゆずの大好きなココママさんにしこりの話をするとゆずが歩いている状態でやはり腫れているのが分かると。
普通に4本足で立っていると分かりにくいのですが後ろ足で立たせると結構ボコッとしたしこりが現れるのに気付き焦った
やはり気になるので今日夕方の予約を入れてゆずと病院へ行ってきました。
いつも診てもらっているS先生を指名し呼ばれてしこりを触って診てもらったところ悪性良性は検査に出さないと分からないが手術でとったほうがいいでしょうとのこと。
ネットで注射をした後にこんなしこりができるコがいるようですがそれは違いますか?と聞いたらこれは違うと言われました。
ゆずさん昨日まで2週間別件で抗生物質を飲んでいたのもあり、炎症でないことも確かです。
で、やはり骨の下にしこりはあるようです
ひとまずCTの予約をしますと先生に伝えたところ麻酔をしてCTをするからそのまま手術したほうがいいと言われました。
悪性の可能性がある限り、骨の下に腫瘍があるので早く手術したほうがいいようです。
それか骨の下にあるのに皮膚がポコッとしているということは下には結構な大きさの腫瘍があるということかもしれません。
ゆずの手術は時間がかかるそうで皮膚の下ではなく骨の下にあるので全部取り切れないかもしれないとのこと。
ひとまず取った腫瘍の細胞を悪性か良性かの検査にだすことになると思うと。
もしポコッと腫瘍が取れれば入院ではなく日帰りになることもあるし状況によっては入院になりますとのこと。
絶対入院だと思っていた私はちょっとびっくり
S先生はゆずの手術は早い方がいいと思われているようで
”明日が手術日なんだけどこのコは時間がかかるから入れることができない。簡単な手術なら入れるしなんなら平日でも手術するけど時間がかかるから来週の木曜しか無理です。”
と言われました。
いつも指名しているS先生は必要のない検査は”必要ないです”とハッキリおっしゃり
必要な時は”〇〇が気になるので検査していいですか?”と聞いてくれる先生です。
今回先生が手術した方がいいでしょうと言われるのは悪性の可能性が捨てきれないからだと思います。
私も不安でいっぱいだったので手術しましょうと言ってくださり気持ちが固まりました。
手術にはもちろんリスクがあります。
もし手術中にゆずが亡くなるようなことがあったら・・・という不安もすごくあります。
でも何もしないで暮らす事も私にはできないので手術するのが最善だと思い決めました。
ゆずさん、来週の木曜日、13日に手術です。
手術名は 右肩甲部腫瘤切除 だそうです。

病院の帰りにトリマーさんのお店に寄ってトリミングの予約も入れてきました。
ゆずの腫瘍も見てもらいました。
トリミングの途中なのに少し話も聞いてもらいました。
マイナス思考な私、一人で抱え込む事ができず周りを巻き込んでしまう
11日の3時にトリミングに出して綺麗にしてもらいます。

ゆずのしこりに気付いてから手術まで2週間弱、ドタバタでまだ頭の中がこんがらがっています。




LIME45

Author:LIME45
ミニチュアダックスのライムとトイプードルのゆずと暮らしています。
趣味は写真を撮ることとワンコグッズの手作りです♪

☆ライム☆
犬種 :ミニチュアダックス
 色  :ブラッククリーム
誕生日:2004年11月23日
3♀3♂の6兄弟で産まれました♪
兄弟犬にいつか出会えると嬉しいな。

☆ゆず☆
犬種 :トイプードル
 色  :レッド
誕生日:2009年6月5日
1♀4♂の5兄弟です♪
日曜にはお散歩でお母さんと兄弟の宙ちゃん典君と遊んでます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文: